上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
 思い立ったよ、北海道旅行
 「なぜなぜな~ぜ、どうしてなの?」
それはわたしが「旭川動物園に連れてって~~~o(`ω´*)o」とせがんでいたからさぁ~
 
 どういうプランにしようか考えていたところ、「せっかく行くなら自分たちで自由に動き回れるようにレンタカーがいいよ!」というわたしの母の勧めもあり、
  フリー&レンタカープラン DE GO! に、決定
 母はすでに祖母と兄夫婦と孫を連れて旭川動物園にレンタカープランで行っていたのです。

 目指すは、新千歳空港からイイトコ取りして、知床までっ(≧∇≦) 
     いいとこどり内訳(大雑把に)
           富良野旭川層雲峡知床



 
 実は、この旅行を思い立ったのにはもうひとつ理由がありました。
いつも仕事で疲れてる旦那から、『仕事』の二文字を忘れさせるため!

 なので、この旅行では一度たりとも旦那にハンドルを握らせまいと決心して行ったのでした。

 初日、新千歳で予約しておいたレンタカー(白のシビック)に乗り、カーナビと地図をチェックしてスタート!

 新千歳空港からそのまま高速に乗って北上しようかなとも思っていたのですが、せっかくなので夕張メロンで有名な夕張市を通っていく事に。

 高速は道東自動車道
途中、高速の真ん中辺りで追分町というところがあったので、美空ひばりのリンゴ追分のサビの部分だけしつこく歌ってみた。(サビしか知らないもん・・・
白樺のような木々の林も見えたので、「白樺~、あおぞ~ら」っていう歌も。
 『助手席に乗ってドライブに連れてってもらう』というよりむしろ、車を運転することが大好きなわたしはごっきげんなのでした。

 道東高速道路の夕張(終点)で降りて料金を支払う時にザーッと富良野までの道を聞く。
『274号線から占冠まで行って北上するといい』とアドバイスをいただいたけれど、シュウパロ湖にも行きたかったので新夕張の信号で左折して452号線をたどる。

 途中トイレに行きたくなったわたしは夕張市内のどこか入りやすいところで用を足そうと思っていたけれど、『市街地はまだかな、まだかな・・・』と思っていたら夕張市を後にしていて、この日第二の目的地だったシュウパロ湖へと続く道にいました。

 この日、旦那と北海道に来て一番最初に盛り上がった話題が、夕張市の事についてでした。

   なに?! 夕張市って、ゴーストタウンやん???!!!!
   メロン畑どこ~~~?
(当然あると思ってた二人・・・・
    (いや、通ったところがそういう道だったのかもしれませんが・・・・・。 現地の方すみません)

 仕方なくシュウパロ湖で・・・・と思っていたけれどシュウパロ湖もダム建設中(?)で、観光地っぽくなくて、、、、、orz
当然、辺りに公衆トイレもなし。
 ダム管理(?)の建物の中でお借りしようと建物の中に入るも、人の気配が奥の方にしか感じられず、また、奥まで行く勇気もなく、泣く泣く去ることに・・・・・。

 気を紛らわしながら車を運転していると、桂沢ダム(第三の目的地)でトイレ発見!
桂沢ダムは、四方に散ったような感じの形をしているダムで、それぞれ景観が違っていて、ただ景色を楽しむだけだったけれどいいところでした。

 そして第四の目的地、三段滝へ。
ここもまた景観のいいところで、途中で行き止まりになっていたけれど十分楽しめました。
 ここではおばあさんがじゃがいももちを売ってました。
お腹が空いていたので買って食べてみたらおいしくて、おいしくて。
 甘辛い醤油ダレと海苔と、ジャガイモなのにもちもちっとした食感がたまりませんでした。
おばあさんとも話が弾んで、旦那の出身地(鹿児島)から北海道に嫁いで来て数十年ということを知り、意外なところで同じ出身地の方と出会えた事に旦那もおばあさんもとても懐かしんでいたようでした。

 三段滝で十分リフレッシュできて、あとは1泊予定の富良野へ。

 ホテルに着いたのは新千歳から3時間後くらいだったかなぁ。
天気もよくて、道も簡単で、とても運転しやすかったですね。
ただ、高速道路がほっとんどが対面式だったのは怖かったですね・・・・。
 時折ある追い越し車線には、気分的にずいぶん救われました。
なんせ、スピード違反で捕まったら今回の『この旅行では旦那にハンドルと触らせない!』という計画がパーになってしまうから、なるべく法定速度で走ってましたから・・・・・。

 ホテルで少し休憩してから、「さて、どこにいこう?」ということだったけれど、『北の○から』シリーズをわたしたち二人ともまーーーったく見たことも興味もなかったので、どこをどう楽しめばいいのやら・・・・で、ホテルの敷地内にあったニングルテラスというところへ。

 このニングルテラスには小さな可愛い手作りのショップがたくさんあって、それぞれ銀細工や硝子細工、クラフトなどなど見るだけでも楽しめました。

 夕飯は「くまげら」というところで。
旦那は熊肉のしょうが焼き。 わたしは和牛刺身丼
熊肉はちょっと硬めで「う~ん・・・」というのが旦那の感想でした(笑
わたしは生肉大好きっ!でおいしくいただきましたとさ

 夕食後、ホテルに戻ってから部屋でワインをいただきました。
富良野ワイン。 おいしかったぁ~~~

 ◆この北海道日記は2007年2月に書いてます。
  夕張市が破産してると知った時には、
  やっぱり?!と旦那と二人で納得もしたけれど、
  何とか再建されることを祈っています。
  2007年の成人式のエピソードには、あらためて人の
  温かさを知ることができました。
  夕張市のみなさん、がんばってください~!
  福岡市も危ないそうですが・・・・・・・(笑
カテゴリ:旅行記 ジャンル:旅行 テーマ:国内旅行
| トラックバック(0)
秘密

トラックバックURL
→http://junojuno.blog53.fc2.com/tb.php/115-a35b7b2a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。