上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
 11月20日。
実は今回の旅行のもうひとつの目的だったのが、
叔父さんの畑へ行く事でした。

 前の日から、
・畑までは200mくらい歩くこと
・マングース捕獲のワナがあること
・時期にはハブもでるところであること
・ドライブ中一生懸命さがしてたルリカケスが、
 実は叔父さんの畑へ行く途中よくいること
・畑には手作りの小屋があること
・畑に植えたものはみんな我流で育ててること
などなど、とても興味深くておもしろそうな話をたくさん
聞いてました。


--------------------------------------------- 
 
 
 畑へはいつも自転車で行ってると聞いてましたが、
5Kmくらいのところにある畑です。
途中トンネルもあり、道は緩やかな坂なんかも――。
 ポンカンやタンカンなどを収穫した時には福岡へ
送ってくださったりしてましたが、5Kmの道のりを
重い荷物を積んで自転車をこいで、どんなに重労働
であることか。

     入り口。
 畑の入り口で、ここから200mほど歩いて行きます。

     罠。
 これがマングース捕獲用の罠。
直径10cmほどのパイプ管です。
奥にあるエサを取ると仕掛けが反応してワイヤーで
胴体のところをキュッと絞めるそうです。
(罠にかかると死んでしまうとのことです;;)
 思ったより小さいんですね、マングース。
 人間の勝手な都合で連れてきて、実はそれが害を為す
事以外利点がなかったから、始末してるらしいです。

     これも罠。
     ワイヤーが見えますか?
これはイノシシの罠(叔父さんの手作り)。
もっとも、罠が仕掛けてあるところは通らなくなる
そうです。  学習能力があるイノシシ。

     畑。
 「ここだよ」という叔父さんの声で、畑に着いたという
ことに気づきました。
一般的に『畑』と聞くと平坦な土地にいろんな農作物
が育っているのを想像するかとおもいますが、
叔父さんの畑は違いました。
――というか、「奄美の畑が違った」といったほうが
いいのか・・・・・。  ほとんどが山なので。

     小屋。
 74歳の叔父さんが4、5年前に一人で作った小屋は、
基礎の鉄筋だけが命綱?
          よ~く見てください。 
   地面に接してるところ、ほとんどありません(笑

     散水用。
 これは、奄美で雨が降らない時期に畑の植物に
水を与えるためのパイプ。
叔父さんは畑の植物の根元に腐葉土を多めに寄せて
いるので、土が干上がる事はないのだそうです。
 独自で考えて施した工夫があちこちにありました。

 畑に植えてあるのは、柿・温州みかん・ポンカン・タンカン
バナナ(4種類)・グァバ・パイナップル・パパイヤなど・・・
たくさんありました。
 中でも栗がめずらしいのだと言ってましたが、奄美では
栗はイガグリはできても中身はスカスカなんだそうです。

 叔父さんの畑でそこらじゅうにいる巨大な女郎蜘蛛に
おびえつつ、十分に楽しみました(*´ω`*)

 そして、この日は一日が長かった・・・・。

 叔父さんの畑から帰ってきて少し休んで、叔父夫婦の
オススメ観光スポットへ出発~!(=・o・)ノ ゴーゴー♪

 まずはホノホシ海岸。 昨日行ったマングローブ原生林
よりさらに南に位置するところにある海岸です。

     ホノホシ海岸。
 打ち寄せる波で角が丸くなった石がゴロゴロ
転がっている海岸。
ここは砂浜ではなく、砂利浜でした(笑

    ホノホシ海岸 ←海岸の動画。

 パチパチパチという感じの音がするのが面白かった
です。
でもこの浜は、砂利ばかりなので足元注意です。
ずるるっと滑りながら足が埋まりました。
 すぐそこは海の色から想像するに大変深そうで、
『波際で足を滑らすと蟻地獄のように上がってこれなく
なるのでは・・・・((( ;゜ω゜)))』と思い、一切近付きません
でした。





 20日の旅はまだ続きます・・・・
カテゴリ:旅行記 ジャンル:旅行 テーマ:国内旅行
| トラックバック(0)
秘密

トラックバックURL
→http://junojuno.blog53.fc2.com/tb.php/233-94ff2f3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。