上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
 今日は、猫といえばまたたび、ハムスターといえばひまわりの種って言えるくらい(?)すぐさま連想されるひまわりの種を、初めて十六夜と水無月にあげてみることにしました♪

   肥満になるのは困るけれど、夏バテになっても大変だし(´・ω・)ネ

 昼はどちらもよく寝ていたので、わざわざ起こすまでもなく夜を待つことに。

 ひまわりの種を持って上手に殻を割って食べる様を想像しただけでも、もう、モェモェです。
夕方起きてきた時にあげようとも思ったけれど、旦那がまた帰宅していなかったのでぐっと堪えて掃除だけ済ませました。

 ピーンポーン♪という音に、まるで犬のように反応するわたし。
そして、今までにないくらい帰りを歓迎される夫。

   今日はひまわりの種あげてみようかなーって思って♪
   お、いいねー。でもいいの? 嗜好性高いからあまりあげちゃいけないんでしょ?
   うん。一粒だけ。夏バテ防止にもいいらしいからね。

――とかなんとかいう会話を交わして、いざ、手の上に乗せてひまわりの種をっ

 イヤーン カワイーーー♪
なんて、旦那の手に乗った十六夜とわたしの手に乗った水無月はじっくりみせることもなく、期待に反してそそくさっとほっぺに詰めたのは言うまでもなく・・・(笑
しかたなくケージに戻すと、すぐにほっぺからとりだして食べ始めました

 器用に殻を割って食べた十六夜に対して、水無月は殻を割って食べるのに約2分くらいは要してました。
砂場の穴掘りは得意でも、細かい事には不器用な水無月でした(笑

 そうそう、カリカリを嫌ういっちゃんのために、はちみつをちょっとつけてあげてみたけれど、やっぱりまったく目もくれませんでした。
十六夜は、好き嫌いのはっきりした子です
秘密

トラックバックURL
→http://junojuno.blog53.fc2.com/tb.php/31-dd2cd213
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。