上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告

たわごと。

2009-03-01
 
 いきなりですが、わたしは今日なんと




    龍を見ました!!





 (゜Д゜)エエエェェェェ!!!

   ( ;゚д)ザワ(;゚д゚;)ザワ(д゚; )








 といっても、飛行機雲なんですけどね。






 (゜Д゜)ポカーーーン

  シ━( ゚д)━( ゚д゚ )━(д゚ )━ン・・・。






 ごめんね、ベタなオチで。      






 でもね~、飛行機雲が出来ている層と

 その他の雲が出来ている層とは別々だったらしく

 そこは当然、風の向きが違うのね。



 で、雲が南東から北西へ流れていたけれど

 飛行機雲はそのほぼ逆に流れていたの。



 すこしゆるんだ飛行機雲は まだらで

 でもなんだかそれがウロコのように見えて

 さらに飛行機雲のほうが移動が速くて。



 「ああっ!!!」と わたしは思ったわけです。



 旦那と散歩の途中、

 「あれ、龍だよ。 絶対!!」

 「飛行機雲のようだけど、実は龍なんだよ!!!」

 「だってほら、あれがあーでこーでこーなってて・・・云々・・・」と

 かなり力説。         



 「だから昔の人はきっとこういうのを見て龍を想像したんだねー」

 が、足早にその場からわたしを去らせようと手をひく旦那に

 言った言葉。




 傍から見ると、アブナイ人に見えるのかな、こういう時。 
 




 でもね



 濃い霧の向こうには、絶対何かがいる!!!とか

 葉っぱが風で動いても、きっと妖精が動かした!!!とか


 そう思うことありませんかー?





 何かに対する現実逃避思考とかではなくね~。







 たまーに、自分ってなんか頭おかしーのかなーとか

 思ったり思わなかったりするけどもー。




 わたしは、いくつになっても何かを想像したり

 何かに感動したりする心はなくしたくなーい。   




 いつまでも幼稚な考えねーって言われたって平気だもーん。





 ちょっとここで、わたしが好きな言葉の一つを紹介して

締めくくりにしよう。   うん。



 『お米の1粒1粒には、八十八の神様がいるので、

  決して粗末にしてはいけませんよ』


 ※ 米という字は昔は八十八の工程を経てできてたそうです。
   その「八」「十」「八」の文字を組み合わせて【米】という
   字ができたとか?
   「食べ物を粗末にしてはいけない」ということを教える
   代名詞のような言葉ですよね。 昔の人の教えで。



 この言葉は、あったかくて、やさしくて、厳しいんだ。
(というふうにわたしは受け止めて解釈している)

カテゴリ:その他 ジャンル:日記 テーマ:日記
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。